ブログ カレンダー
« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
カテゴリ一覧
Adl01















Ads02






Ads03





LEC宅建通信講座


LECファイナンシャル・プランナー講座

LEC法科大学院通信講座


広告
事務所 販促グッズ
販促グッズ、ノベルティ等数が多い商品を格安で、しかもネットで簡単にプリントオーダーできます。
制作・著作
岩上コンサルティング事務所
 岩上 義信
www.iwakami.com
★mixi行政書士会の管理人もしております。
http://c.mixi.jp/gyosei
実務小説『民事法務が行く』
実務小説『民事法務が行く』
第1話 
「離婚協議書 行政書士が出てきて大混乱」
アマゾン kindle にて好評発売中!
http://iwakami.com/digitalsees/details1.html
youtubeでも見ることができます。
リンク
  • カテゴリ 第7章 独立開業のためのマメ知識 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

コンテンツ - 第7章 独立開業のためのマメ知識カテゴリのエントリ

顧客の広げ方 1

費用対効果も考えて上手に宣伝しよう

 

★ポイント★

ライバルも多いので工夫が必要

 

●本文

独立してまず考えるのは、どのようにしてお客さんを獲得していくか、どのように顧客を広げていくかというところだと思います。真っ先に思いつくのは、DM(ダイレクトメール)、それからウェブサイトを立ち上げてインターネット経由での仕事の受注を考えると思います。

ところが、このDMというものは、ヒット率0.1%というような話もあるくらいで、効果的かどうかというと、行政書士の仕事には向いていないかもしれません。

なぜかというと、行政書士の提供するサービスは、いわゆるメーカーが作っているような商品ではなく、個人個人、一人ひとりによって内容が違うからです。メーカー品であれば、どこの販売店で買っても商品は一緒ということになりますので、ネットで購入しても特に問題は起きないのですが、行政書士の場合は一人ひとりに個性がありますので、実際に会って確認をしたり、あるいはその行政書士の人となりを知っている人の紹介がないと、良し悪しの判断が付きにくいのです。

●インターネットはコミュニティの時代へ

 インターネット経由での受注については、すでにウェブサイトを出している行政書士はたくさんいるので、なかなか差別化がしにくい状況であるといえます。これからインターネットで顧客を獲得しようと考えているのであれば、どういう人にアピールしたいのか、購買層を明確にしてウェブサイトを作る必要があります。

また、インターネットの場合、アクセス数の魔力に取りつかれてしまうケースがあります。ウェブサイトを開設すると何回そのページが閲覧されたかがカウンターを設置すればすぐにわかるのですが、その閲覧数が増えれば増えるほど良いという錯覚に陥ってしまうのです。

そのウェブサイトが広告料収入の獲得を目指しているのであれば、もちろんアクセス数は重要なのですが、行政書士の営業として使うのであればいくらアクセスがあっても依頼がこなければ意味がありません。ただサイトに誘導するだけではだめなのです。他の人とは違う一工夫が必要になります。

 Web2.0が叫ばれている昨今です。今後は一方的な情報伝達ではなく、コミュニティなどを活用した双方向の情報交換が依頼を受けるコツになりそうです

 

 

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1052)

顧客の広げ方 2

 顧客を広げるのには紹介が一番

 

★ポイント★

顧客を10人紹介してくれる人と知り合う

 

開業前から知っている友人、知人というのも行政書士の営業チャネルとしては有効です。独立祝いの意味も込めて仕事を依頼してくれる場合もあるので、開業当初は特にありがたい存在となるでしょう。友人知人自らが依頼者となる場合もあれば、依頼者を紹介してくれる場合もあります。

 

このように、顧客の広げ方としては、一番良いのは紹介です。ですので、依頼者を紹介してくれる友人、知人は大切です。顧客10人を集めるよりも、顧客を10人紹介してくれる人、友人、知人を持ったが効率がいいのです。そういうキーマンと知り合うことが必要です。

 

これらの友人、知人を拡大するために、異業種交流会などに行くという方法もあります。

 交流会では、共通項を持つ人を探すとよいでしょう。出身地が近い、歳が近い、血液型が同じなど、共通項のある人を探せば話もしやすいし、仲間意識も芽生えてきます。

 

●名刺と自己紹介は大切に

 異業種交流会などに参加すると、参加者の多さに圧倒されてしまいます。その中でいかに自分を印象付けるか、良いイメージを演出するかは、参加者全員が思うところでしょう。

 第一印象を良くするポイントとしては、服装や身だしなみに気を使うことはもちろんですが、名刺のインパクトも非常に重要です。筆者も、自分をより長く覚えてもらうために、大きい顔写真を載せた名刺を作成しています。また、裏面もフルに使って自己紹介を記載するとよいでしょう。

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1082)

 開業講座の利用の仕方 1

 開業前に十分トレーニングしておこう

 

★ポイント★

開業講座で実務をバーチャル体験

 

●本文

行政書士の開業講座もだいぶ増えてきました。いまでは資格試験の予備校や個人運営のもの、開業講座をビジネスとして考えている団体など、いろいろな方がこの業務に参入しています。

 

そもそも、なぜ開業講座が利用されるかというと、行政書士の場合、開業するときに実務を知らないという人が多いのです。開業に当たって実務を知らないというのでは、顧客の信用を得にくいというものです。筆者はよく、ラーメン屋さんを開店するときに、ラーメンを作ったことがないなんてありえないという話をします。少なくとも、開店前に十分な練習や研究を積んでからお店をオープンするのが普通でしょう。

 

行政書士の場合も同じです。実務を経験したことがない人は、まずは経験を積むことを考え、開業講座を受講するのです。このため、開業講座に求められていることのひとつは、どこまで実務を実践的に体験できるかどうかにあります。

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1110)

 開業講座の利用の仕方 2

 本当の人脈はここから生まれます

 

★ポイント★

同期生は何より心強い仲間です


残念ながら、開業講座を受講すれば100%実務がわかるわけではありません。短期間では、とても全部を覚えられるものではないので、開業講座を選ぶもう一つのポイントは、わからないことがあったときに相談できる人脈がつくれるかどうかです。

 

開業講座には、同時期に開業しようという人が集まってくるという特色があります。そうすると、自然に同期生という仲間ができるのです。そうすれば、もし実務でわからないところが出ても、仲間同士で助け合うことができます。

 

また、講師と仲良くしておけば、開業後に、個別に相談に乗ってもらえるかもしれません。講師の人であれば、同期生よりも実務に精通していることでしょう。

 

 そのためにも、講師はバリバリの実務家かどうか、自分と歳は近いかどうか、自分が開業しようとしている場所と近いかどうか、などを考慮するとよいでしょう。

 

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1044)

開業講座の利用の仕方 3

 具体的な名前と日付の入った書式を入手する

 

★ポイント★

開業講座のボディブロー、あとから効き目が表れます

 

●本文
 開業講座のもう一つのメリットは、実践的に記載してある書式が手に入るということです。この書式集は、初心者がまさに喉から手が出るほど欲しいものといっていいでしょう。ポイントは、実戦で使える記入例が手に入るかどうかです。なるべく伏せ字が少なく、添付資料の書類も詳しく記載されているものがよいでしょう。行政書士の業務は幅が広く、まして実務経験がないとなると、何を書くのか、どう書けばいいのか、どの程度書けばいいのかの見本が欲しくなるのです。

 

実際に業務の依頼を受けますと、最初に依頼者に必要書類の指示を出すことになりますが、その際にも、添付書類や書類同士の日付の前後関係などがわかるような記載例でないと、どのような指示を出していいのか判断に迷うことになります。

 

開業後は、実務講座でもらった記入例を何度も何度も擦り切れるまで見直すようになるなど、その書式集の効果はあとからじわりと効いてきます。

 

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1128)
行政書士の資格講座 スクールまとめて資料請求   ¥0 無料

行政書士の資格に興味を持ったら、
↓さっそく資料請求をしよう!↓





サイト管理人の著作物等
芸能人出演依頼・お見積り
新刊のご案内
サイト管理人、mixi行政書士会管理人の岩上です。

平成25年1月発売、新刊のご案内です。

『ラクラク突破の行政書士 スピード学習帳』(エクスナレッジ)

 テキストと問題集が1つになった、行政書士試験合格に必携の1冊です。限られた受験勉強の中で効率よく合格できるよう、合格ライン(180 点)を超えるための必要な学習範囲に絞り、「記述分野」を厳選。各単元は3ステップで構成され、テンポよく勉強できます

ぜひ周りの方にお勧めいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

ラクラク突破の行政書士スピード学習帳
 
Adr01
Ads02











Ads03
ソフト
Ads04
広告
Ads07
Ads08
eアイデム アルバイト応募プログラム
不要になった書籍等の売却
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
(c)1997- Iwakami Consulting Office