ブログ カレンダー
« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
カテゴリ一覧
Adl01















Ads02






Ads03





LEC宅建通信講座


LECファイナンシャル・プランナー講座

LEC法科大学院通信講座


広告
事務所 販促グッズ
販促グッズ、ノベルティ等数が多い商品を格安で、しかもネットで簡単にプリントオーダーできます。
制作・著作
岩上コンサルティング事務所
 岩上 義信
www.iwakami.com
★mixi行政書士会の管理人もしております。
http://c.mixi.jp/gyosei
実務小説『民事法務が行く』
実務小説『民事法務が行く』
第1話 
「離婚協議書 行政書士が出てきて大混乱」
アマゾン kindle にて好評発売中!
http://iwakami.com/digitalsees/details1.html
youtubeでも見ることができます。
リンク
  • カテゴリ 第6章 合格後のビジョンを持とう の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

コンテンツ - 第6章 合格後のビジョンを持とうカテゴリのエントリ

合格後の研修制度

 自分のキャリアプランに合った研修を受ける

 

★ポイント★

任意団体の研修であれば合格前でも受けられるものもある

  

●本文

試験が実務に直結していないというのが行政書士試験の特徴でもありますので、試験合格後は、研修制度を受けたいと思われることと思いますが、各行政書士会の研修制度に関しては、登録してあることが前提として募集されているのが通常です。

これはいわゆる会員に対するサービスなので、これはやむを得ないことではありますが、各行政書士以外に任意団体が行っている研修というのもあり、各行政書士会主催の研修以上にかなり活発に行われています。

これらの任意団体の研修は、参加資格が特に制限されていないケースが多いので、インターネットなどを使えば研修会の情報なども入ってきます。

行政書士の資格自体が、自分のやりたいことをやるために資格を取るケースが多いことからも、その自分のやりたい分野の研修というのは、合格前、合格後にかかわらず、どんどん受けてみるとよいでしょう。

このほか、行政書士の研修制度以外にも異業種交流会などが研修を開いたり、社会人の勉強会などの団体がセミナーを開いたりしている場合があります。そのような研修会は、ともすると行政書士業務に関係ないというふうに思われがちですが、自分が進みたい分野があれば、その業界知識を得るために、重要な情報源となることもあります。

 

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1302)

 

就職に活かす

 自分のポテンシャルをアピールしよう

 

★ポイント★

試験が似ているので公務員試験やマスコミ試験に有利

  

●本文

行政書士の資格といいますと、どうしても独立開業の資格というふうに見られます。

 その理由の大きなものとして、いわゆる雇用行政書士といわれる、行政書士が行政書士を雇う、あるいは行政書士法人が行政書士を雇うということは認められているのですが、一般の企業が行政書士を雇って行政書士業務を行うということが、法律上認められていないからです。ただし、行政書士の試験をその人のポテンシャルを計るものさしと考えている企業では事情が違ってきます。

行政書士の試験自体は、税理士や弁理士の試験と違い、ある特定の分野を深く試すという形にはなっておらず、法令と一般知識の試験が広く浅く出題されるので、そういう意味では、合格者はいわゆる潜在能力、ポテンシャルがかなり高いと評価できます。試験が公務員試験に似ていますので、いわゆる上級公務員並のポテンシャルがあるというふうに評価されることもあるでしょう。またマスコミの試験にも似ています。

それと、実際のところ、行政書士会としても、本来なら、登録者だけではなく、行政書士というブランドを高めるという意味でも、行政書士の就職活動ということに何らかの形で本来関わっていくのがよろしいのではないかと思います。例えば研修制度を合格者に限定せずに、開業しないけれども行政書士会の会員になるという準会員のような制度を創り、その準会員には研修を受けられるようにするなど、資格を持っている人の専門知識を高めるような制度を作り、将来的には「行政書士を取れば就職に役に立つ」といわれるぐらいのブランド価値の創造を考えていく必要があるのではないでしょうか。

 

 

 

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1325)

事務所に就職する

★ポイント★

インターネットで情報収集できる

 ●本文

行政書士の試験を勉強しながら合格後の将来のビジョンを考えるとき、行政書士事務所に就職して実務経験を積んでおきたいというふうに考えるのが自然でしょう。実際、補助者を雇っている行政書士事務所もありますが、行政書士事務所への就職というのは意外となく、狭き門であるといわれています。

なぜ、就職口が少ないかといいますと、各行政書士自身が手広くやろうと考えている人もいれば、人を雇ってまでのリスクを取らない人がいるなど、様々な考え方があるからです。それが自由業の良さでもあるのですが、そういった現状もあり、行政書士事務所の数ほど求人があるかというと、そうともいえないのです。

しかし、常勤の就職ではなく、インターネットを使って在宅で副業的に仕事を手伝うというケースの募集は多く、特に、試験合格者で比較的昼間の時間が取れるという人であれば、アルバイト程度の口はインターネットなどで探せばかなりチャンスがあると思います。

ただ、このときには顧客情報の管理、流出防止というところが、かなり大きなポイントになってきます。

開業している人と開業していない人のとても大きな違いというのは守秘義務に対する姿勢であるともいえるからです。開業していない人は、この守秘義務に対して甘い認識でいることが多いのです。行政書士事務所に就職したい、行政書士の仕事の一部に携わりたいのであれば、まず、その認識をしっかり持っておく必要があります。

 行政書士事務所の事務所に限らず、税理士事務所、弁護士事務所、あるいは司法書士事務所や土地家屋調査士事務所などに就職することも選択肢に入れるべきでしょう。それというのも行政書士の仕事は幅が広く、いろいろな分野とアクセスしやすい業務になっているので、他士業の事務所で修行を積んでも、それが無駄になることは決してありません。そこで得た知識、ノウハウというのは、必ず行政書士で開業したときに役に立ちます。ですので、他士業の事務所に就職するということもかなり有力な選択肢に入れておいてよいでしょう。

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1279)

 独立開業をする

★ポイント★

独立すれば一国一条の主となる

 

●本文

試験の合格を目指しているということは、その先に独立開業という選択肢が少なからずあると思います。中には、大学在学中に行政書士の資格を取って、そのまま開業してしまうという人もいます。年配の人たちは、そんなことでうまくいくのかと考えると思うのですが、実際これでうまく成功する例も多いようです。それというのも、若いということで、パワーがある、エネルギッシュであるからだと思います。会社の経営者というのは若い人、というか、頑張っている人が好きなんですね。行政書士の場合、若くして独立開業をしても、あまり年齢に関係なく、やりようによってはうまくいくと思います。

独立開業をすると、まさに一国一条の主です。嫌な上司もいませんし、仕事の量も自分でコントロールすることができます。収入もやり方次第では、普通のサラリーマンよりも大幅に稼ぐこともできます。ただし、営業から経理から、すべて自分の責任で行うことになります。将来は自分で独立開業するというビジョンを持っている人は、開業のための資金の手当てをどうするかとか、あるいは家族の説得をどうするかなど、そういった開業準備も、試験勉強と同様にしっかりした計画を立てておくことが重要です。

 

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1354)

人脈をつくる

 

★ポイント★

共通項があれば人脈を築きやすい

 

●本文

行政書士という資格をベースにして作るのであれば、縦と横の関係を考えて作っておく必要があります。

横の関係というのは、同じ年代、同じ年齢、同じ地域、同じ合格年度、同じ開業時期などの人とのつながりのことで、このような共通項があると、合格後のステップアップや独立開業に向けての抱負などを語り合うなどして、すぐに親しくなって信頼関係を築くことができます。

次に縦の関係ですが、行政書士会に登録すると、行政書士の先輩たちと知り合うチャンスが大いに増えてきます。、このような縦の関係は、もし業務でわからないことがあったときに教えてもらうことができるかもしれません。

人脈というのはすぎにできるものではないので、行政書士をベースとした縦と横の人脈と行政書士以外の人脈を、うまくバランスをとりながら広げていくとよいでしょう。

特に独立開業を目指すのであれば、10人の顧客と知り合うよりも、10人の顧客を紹介してくれる1人と知り合うというように考え、将来事務所を開業したときの、営業のキーマンとなる人を、なるべく受験時代、合格後、開業前に見つけておくようにしましょう。

 

 

 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1233)
行政書士の資格講座 スクールまとめて資料請求   ¥0 無料

行政書士の資格に興味を持ったら、
↓さっそく資料請求をしよう!↓





サイト管理人の著作物等
芸能人出演依頼・お見積り
新刊のご案内
サイト管理人、mixi行政書士会管理人の岩上です。

平成25年1月発売、新刊のご案内です。

『ラクラク突破の行政書士 スピード学習帳』(エクスナレッジ)

 テキストと問題集が1つになった、行政書士試験合格に必携の1冊です。限られた受験勉強の中で効率よく合格できるよう、合格ライン(180 点)を超えるための必要な学習範囲に絞り、「記述分野」を厳選。各単元は3ステップで構成され、テンポよく勉強できます

ぜひ周りの方にお勧めいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

ラクラク突破の行政書士スピード学習帳
 
Adr01
Ads02











Ads03
ソフト
Ads04
広告
Ads07
Ads08
eアイデム アルバイト応募プログラム
不要になった書籍等の売却
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
(c)1997- Iwakami Consulting Office